デザイン面を重視したweb制作会社選びのデメリット

希望のデザインにできるが費用が高くなる

デザインは希望に沿うように制作できますが、デザイン性が高くなる分、工数や人件費などの費用が高くなります。 様々なデザインやを増やしていくとCSSやHTMLなどの記述が多くなり、その制作にかかる工数と人件費が多くなってきます。見た目を重視して画像や動画など入れれば、制作する費用も必要になってくるでしょう。デザイン性の高いweb制作を行う場合、綿密な打ちわせも必要になってきます。打ち合わせや作業時間が増えれば、契約時から利用料などが発生する場合はネットワーク上に公開していない期間の費用がかさんできます。 デザインはよくなるためパッと見た瞬間に印象に強く残り、人を引き付けることができますが、その分の費用は高くなります。

完成しても修正や更新が難しい

デザイン性が高くなればなるほど、修正や更新を行う時は専門的な知識が必要になります。

デザイン性が高いとwebの作りが複雑になるので、専門的な知識がない場合は修正や更新を自由にするのは難しくなります。全体のほとんどを画像で制作してしまうと画像を加工するソフトの購入や知識も必要になってくるので、一般的なスキルでは無理でしょう。知識がない人が修正すると全体的なイメージを損ねる、場合によっては壊してしまうこともあります。結果的にはweb制作会社に依頼することになり、時間と費用がかかってきます。

更新している、最新の情報が掲載されているサイトはSEOの点からもプラスになるので、更新や修正が難しいことはデメリットになります。